チヌとキビレの違い

チヌとキビレの違いはどこにあるのでしょう。一見するとわかりにくいです。基本的に、チヌとキビレを見分けるのに簡単なのが、ヒレが黄色いのがキビレ、そうでないのがチヌということです。キビレはチヌと比較して、やや小さく、色もやや白銀色っぽい感じになっています。特徴的な部位はヒレが黄色を帯びていて、これをみるだけで違いはすぐにわかります。キビレはヒレの先が黄色く、チヌと比べて全体的に体の色が銀色っぽいです。大きさもチヌ程大きくなりません。50cmもあればかなり大きい方です。ただ、黄色味が薄かった場合、判断に迷うかもしれません。実は、確実に一瞬でチヌとキビレを見分ける方法があります。それは、ウロコの数です。チヌは、ウロコの数5.5枚以上ありますが、キビレは3.5枚しかありません。ウロコの数を数えれば、チヌとキビレを簡単に判別することができます。ただこの際、注意しないといけないのは、ウロコは、中央部分を数えることです。頭や尾ビレに近すぎると枚数が変わってくるからです。チヌとキビレの違いは、このような方法で簡単に見分けることができます。

キヌの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です