チヌ釣り「フカセ釣り」とは

チヌ釣りのフカセ釣りとは、仕掛けにウキを使用しないで、エサやハリ、糸の重さだけで仕掛ける釣り方です。海中に漂わせて魚を誘う釣り方で、竿の長さ分の範囲だけしか釣ることができないので、最近ではウキフカセ釣りが主流になっています。チヌ釣りのフカセ釣りをする人は多く、人気の秘密は、魚を狙える範囲が格段に広がるからです。ウキを使うと自重で遠くの沖目のポイントまで狙うことができます。また、自在にウキからエサまでのタナをあやつれる利点があります。ウキ止めを調整することで自由にタナを決めることができます。上層、中層、底層の全てのタナを探れるのもメリットで、チヌ釣りのフカセ釣りはウキ止めを使用しないので、リールから道糸を出した分だけ仕掛けは底の方に沈みます。つまり、魚に出会うチャンスが広がるというわけです。ただ、注意を要するのは、仕掛けの沈み過ぎによる根掛かりに気を付けなければいけないことです。チヌ釣りのフカセ釣りをするときは、魚を寄せるためにマキエをまきます。仕掛けをマキエと一緒に潮流に乗せることで、魚に違和感を持たせずにエサを喰わせることができます。

フカセ釣り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です