チヌは警戒心が強い

チヌは警戒心が強い魚です。そうした性質があるので、南紀地方などでは堤防からよく見かけるのですが、上からそっと覗きこむと人気を感じて素早く逃げていきます。海釣りを始めたら誰もが釣りたいと思うのがチヌです。しかし、チヌは警戒心が強いので簡単には釣ることができません。警戒心が強く頭が賢い魚なので、いろんな場所で生きていけるのです。チヌは警戒心が強いので、仕掛けを作っている最中もコマセを撒いておく必要があります。コマセを撒いてすぐに集まってくるのはエサ取りなどの小魚で、チヌは警戒心が強いのですぐには寄ってきません。コマセの帯に気が付いたとしても、チヌはその中には入ってこないで遠くから眺めています。いかに警戒心が強いか見てとれます。コマセを止めるとチヌは散っていき、せっかく近くまで寄せていることが台無しになるので、チヌを釣るには慎重な姿勢が大事です。警戒心が強く、遠くから眺めているチヌをいかにして突っ込ませるかがポイントになります。その場所で根気よく釣っていれば、いつかはチヌが突っ込んできます。どこにチヌがいるかは想像の範囲を出ないので、こっちからチヌをおびき寄せてポイントを作ることが重要です。

チヌは警戒心が高い