投げ釣り

投げ釣りは砂浜や海岸など、様々な場所で楽しめる釣りです。どこまで投げるのかによって釣れる魚も変わってくるので、一つの場所からでも色々な魚を狙うことができます。また、上記の通り砂浜からの投げ釣りは危険性も少なく、お子様と一緒に楽しむには良いでしょう。季節によっても、釣れる魚は変わり、鯵やキスなどを狙いながら、運が良ければ鯛の仲間なども釣れます。風が強いと思うように投げることが難しいので楽しみも半減してしまいますが、風がなければ遠くまで投げて、ゆっくりとしかけを引くことで魚が食いつき、比較的簡単に釣れる方法です。のんびりした時間を過ごしながら釣りを楽しみたい人にも投げ釣りは向いていて、常に仕掛けをコントロールしたり、竿を持っていなくても、立てかけて置くだけで食いつきを待つことができます。小さな椅子を持っていけば、座った状態で投げ釣りを楽しみ、魚が食いつくまでは読書をするなど、有意義な時間が過ごせます。投げ釣りは基本的に大物ではなく、小さな回遊魚や浅瀬にいる魚を狙うことが多く、上記の通り砂浜からの投げ釣りは多くのキスが釣れたり、他にはカワハギなども狙えます。

 

磯釣り

磯釣りは小物を狙った浅瀬でのものから、大物を狙った絶壁まで、様々なシーンで楽しめます。浅瀬の磯釣りは危険性も少なく、鯵などを狙いながら潮の流れや季節によって大きな魚が掛かることもあります。足元も不安定な岩場では、ヒラマサや石鯛などを狙うことや、グレを狙っている人までがいます。磯釣りは塩の流れが急な場所を好む魚が多く、掛かった際の引きも強いので、魚とのやり取りを慎重に楽しみながら、大物が釣れた時には本当に感動するものです。ただし、足元の危険性や、魚の特性を考えると浅瀬以外での磯釣りは初心者には向いておらず、上級者向きと言えるでしょう。作られた釣り場ではなくスリルを味わいながらの釣りや大自然での釣りを求めるにはピッタリです。ただ、磯釣りは基本的に餌代が多く必要になってしまうため、ここでの経済的コストを考えなくてはなりません。場所によって釣れるものは違いますが、上記した以外にもチヌやマダイ、ブリ、イサキなどが狙えます。浅瀬のでは小さなカニなどを見かけることもありお子様が喜んでくれるでしょう。天候の確認と足場の確保をしっかり行い楽しみましょう。

磯釣り

鮎釣り

鮎釣りは今現在、鮎の友釣りが主流となっています。しかし以前はコロガシという方法が主流となっていたため、毛針を使って鮎釣りをするという方法でした。近年ではこの毛針そのものが川の中に残ってしまうと非常に危ないという危険性から禁止されている場所も増えましたが、その反面で鮎の友釣りが普及してきており、上級者になると鮎と一緒に川の中を泳ぎながら大きな鮎を釣るといったものになります。鮎は水がきれいな川の中で泳いでいる特徴があるため、釣り場そのものも非常にきれいな環境でなおかつ静かな環境の中釣ることができます。鮎の友釣りは、オトリとなる鮎を実際に川の中で泳がせながら他の鮎と敷地争いをさせ、その中で針に鮎を引っ掛けていくといった方法で釣ります。鮎の友釣りには返し針がついていませんので、しっかりと感覚をつかまないと、せっかくかかった鮎がバレてしまうというものになります。そのため鮎釣りをしていくには何度も何度も経験をしなければならず、その結果大きな鮎が釣れるようになった暁には、本当に大きな喜びがあります。新鮮な鮎は塩焼きではなくお刺身にして食べる事も可能なため、鮎釣りをする人ならではの醍醐味といえるでしょう。

turi01

ルアー釣り

ルアー釣りというのは実際に生きている魚ではなく虫のように見える仕掛けや小魚のように見える仕掛けを使って様々な魚を釣るといった方法になります。ルアー釣りでは本当に多くの魚を釣る事ができるのですが、海での釣りだけではなく、川での釣りにも活用することができます。特に初心者や女性の場合には餌となる虫を触ることに抵抗を感じてしまったり、虫が苦手なので釣りができないということもありますが、ルアー釣りであればこうした部分での懸念がありませんので楽しめるのではないでしょうか。また、ルアー釣りを行い、かかる魚は比較的大きなものが多いので、初めて釣りをした人でも十分満足できる方法になっています。ルアーの種類は本当に数え切れないほど様々なものが販売されており、魚によって好むルアーが違いますので、どのルアーと相性が良いのかということを自分の中で探りながら楽しむものになります。なかなか魚が釣れないと思っていても、ルアーを変えるだけで簡単にポンポン魚が釣れるようになったりすることもあるので、このような部分はルアー釣りの最大の楽しみと言えるでしょう。

ルアー

 

チヌ釣り「落し込み」とは

チヌ釣りの落し込みとは、波止でのチヌ釣りの代表釣法になります。サシエを堤防の際に自然に落下させていくことにより、チヌを釣り上げる方法で、非常に効果的な釣り方になります。梅雨が過ぎて海水温が上がってくるとチヌは堤防などにやってきます。護岸の際にはイガイやカキなどが付着し、それらはチヌの好物です。波止は格好のチヌ釣り場なのです。夏のチヌ釣りは、落とし込み竿とカニ桶をもって波止へ遊びに行くのが一番です。落とし込みというのは、チヌがもっともよく釣れる方法で、チヌは海底でエサを捕食するという性質があります。チヌは常に海底を意識していて、海底に沈んでいる餌を捕食する特質があります。防波堤のような壁際もチヌの絶好の捕食ポイントで、チヌ釣りの落し込みは、それを利用したものです。防波堤から海中をのぞきこむと、浅い場所までチヌが浮いていて防波堤を啄ばむように何かを食べている様子を見ることがよくあります。チヌは防波堤に付いたイガイやフジツボ、そしてそこに棲みついたカニやムシ類を捕食します。チヌは常に上を意識していて、上から落ちてくるエサに反応する性質があるので、落とし込みはこの性質を利用した釣り方になます。

釣り

チヌ釣り「仕掛け」とは

チヌ釣りの仕掛けとは、まさにチヌを釣るためのテクニックです。チヌ釣りの仕掛けには色々な方法がありますが、まず、全遊動仕掛けがあります。これは、チヌがマキエに反応して浮き上がる性質を利用したもので、晩春から秋にかけて仕掛ける方法です。この時期のチヌ釣りは場所によっては浮き上がって背びれを海面から出すほどなので、ゲーム性が非常に高いと言われています。波止チヌの基本的な仕掛けに半遊動仕掛けがあります。この方法なら、浅ダナから底まで、確実に狙える一年を通じてオールマイティに狙うことができます。初春の大型狙いは確実に底を狙う必要があるので、この釣り方が推奨されています。エサ盗りが多くなる夏場によく見られるのが、ウキダゴ仕掛けです。この方法は、付けエサをダンゴで包むので、底周辺にいるチヌに確実に付けエサを届けることができます。夏場の坂ノ市一文字で愛好家がよく行うのが、落とし込み仕掛けで、道糸に目印を取り付け、その浮力を利用しながらツケエをゆっくり落とし込んでいくという方法です。岸壁の際からツケエをゆっくりと落とし込んだり、そのまま流したりしてチヌを狙うヘチ釣り仕掛けもあります。

釣りの仕掛け

チヌ釣り「ルアー」の釣り方

チヌ釣りには、ルアーでの釣り方があります。チヌは繊細で警戒心が強い魚で、大型になるほど釣るのが難しいと言われています。チヌは雑食性の魚で、何でも食べます。好きな餌には、コーン、オキアミ、カイコのさなぎ、イガイ、カニなどがあり、本当に何でも食べます。チヌは水温の上がる夏になると動物系の餌にもよく反応します。こうした時期に効率よくチヌを狙えるのが、ルアーでの釣り方になります。チヌのルアー釣りは、最近開発された日の浅い方法ですが、今後、どんどんと進化していくことが予想される釣り方です。そんな中、既にコンスタントにキャッチできる方法がいくつか確立されています。ルアーでチヌを狙うようになってきたのはごく最近のことですが、専門雑誌で紹介されて以来、チヌのルアーアングラーが増えてきたのは事実です。ルアーで狙うチニングという言葉も一般化しつつあります。ルアーフィッシングの対象魚といえばブラックバスが思い浮かびますが、チヌも立派なルアーの対象魚で、活性が高いと頻繁にルアーにアタックしてくる性質があります。

ルアー

チヌ釣り「フカセ釣り」とは

チヌ釣りのフカセ釣りとは、仕掛けにウキを使用しないで、エサやハリ、糸の重さだけで仕掛ける釣り方です。海中に漂わせて魚を誘う釣り方で、竿の長さ分の範囲だけしか釣ることができないので、最近ではウキフカセ釣りが主流になっています。チヌ釣りのフカセ釣りをする人は多く、人気の秘密は、魚を狙える範囲が格段に広がるからです。ウキを使うと自重で遠くの沖目のポイントまで狙うことができます。また、自在にウキからエサまでのタナをあやつれる利点があります。ウキ止めを調整することで自由にタナを決めることができます。上層、中層、底層の全てのタナを探れるのもメリットで、チヌ釣りのフカセ釣りはウキ止めを使用しないので、リールから道糸を出した分だけ仕掛けは底の方に沈みます。つまり、魚に出会うチャンスが広がるというわけです。ただ、注意を要するのは、仕掛けの沈み過ぎによる根掛かりに気を付けなければいけないことです。チヌ釣りのフカセ釣りをするときは、魚を寄せるためにマキエをまきます。仕掛けをマキエと一緒に潮流に乗せることで、魚に違和感を持たせずにエサを喰わせることができます。

フカセ釣り

チヌは警戒心が強い

チヌは警戒心が強い魚です。そうした性質があるので、南紀地方などでは堤防からよく見かけるのですが、上からそっと覗きこむと人気を感じて素早く逃げていきます。海釣りを始めたら誰もが釣りたいと思うのがチヌです。しかし、チヌは警戒心が強いので簡単には釣ることができません。警戒心が強く頭が賢い魚なので、いろんな場所で生きていけるのです。チヌは警戒心が強いので、仕掛けを作っている最中もコマセを撒いておく必要があります。コマセを撒いてすぐに集まってくるのはエサ取りなどの小魚で、チヌは警戒心が強いのですぐには寄ってきません。コマセの帯に気が付いたとしても、チヌはその中には入ってこないで遠くから眺めています。いかに警戒心が強いか見てとれます。コマセを止めるとチヌは散っていき、せっかく近くまで寄せていることが台無しになるので、チヌを釣るには慎重な姿勢が大事です。警戒心が強く、遠くから眺めているチヌをいかにして突っ込ませるかがポイントになります。その場所で根気よく釣っていれば、いつかはチヌが突っ込んできます。どこにチヌがいるかは想像の範囲を出ないので、こっちからチヌをおびき寄せてポイントを作ることが重要です。

チヌは警戒心が高い

チヌとキビレの違い

チヌとキビレの違いはどこにあるのでしょう。一見するとわかりにくいです。基本的に、チヌとキビレを見分けるのに簡単なのが、ヒレが黄色いのがキビレ、そうでないのがチヌということです。キビレはチヌと比較して、やや小さく、色もやや白銀色っぽい感じになっています。特徴的な部位はヒレが黄色を帯びていて、これをみるだけで違いはすぐにわかります。キビレはヒレの先が黄色く、チヌと比べて全体的に体の色が銀色っぽいです。大きさもチヌ程大きくなりません。50cmもあればかなり大きい方です。ただ、黄色味が薄かった場合、判断に迷うかもしれません。実は、確実に一瞬でチヌとキビレを見分ける方法があります。それは、ウロコの数です。チヌは、ウロコの数5.5枚以上ありますが、キビレは3.5枚しかありません。ウロコの数を数えれば、チヌとキビレを簡単に判別することができます。ただこの際、注意しないといけないのは、ウロコは、中央部分を数えることです。頭や尾ビレに近すぎると枚数が変わってくるからです。チヌとキビレの違いは、このような方法で簡単に見分けることができます。

キヌの違い